田七人参vs高麗人参

田七人参vs高麗人参

田七人参vs高麗人参

 

まず、そもそも「田七人参や高麗人参」って、我々が良く口にする「人参」とは別物なのか・・・?という疑問。

 

結局どちらも人参で同じ??と思われるかもしれません。

 

しかし、「これら2つの人参」と「一般的な人参」は、植物としての科目が違います!!

 

  • 田七人参や高麗人参:ウコギ科(ginseng)→中国チックな読み方ですよね。
  • 一般的な人参:セリ科(carrot)→いわゆるキャロットです。

 

同じ「人参」という呼ばれ方をされていますが、全く別の食物と捉えるのが正解。つまり、人参の延長線上に高麗ニンジンや田七人参があるわけではなく、その成分、薬効としての効果効能も「全く別物」なわけです。

 

 

では、田七人参と高麗人参ではどう違う

結論からから言うと

  • 高血圧対策→田七人参
  • 低血圧のお悩み、だるい→高麗人参

 

高麗人参、田七人参の薬効に関して、有効成分のジンセノイドの含有比率に差があります。詳しい説明は割愛しますが、それぞれに多く含まれるジンセノイドの種類が、以下の通り特徴があります。

 

  • 田七人参:Rb1(神経を抑制、血圧を下げる)
  • 高麗人参:Rg1(神経を刺激、血流を促す))

 

 

 

 

参考文献

 

【合わせて読みたい】

【結論だけ】忙しい人向けの田七人参サプリの選び方

タイプ別にオススメを結論だけ!忙しい人向けコンテンツ。

 

サポニンの効果とは? 田七人参vs高麗人参


田七人参に含まれる有用成分の代表。サポニンに期待される効果とは?


高麗人参よりも田七人参の方が優れている?使い分け方法も!

 

血糖値対策 田七人参で更年期対策


血糖値対策には田七人参は非常に有用!


辛い時期のお供に田七人参を始めるのは合理的。

 

田七人参の安全性 田七人参の副作用


中国産の田七人参。果たしてその安全性は大丈夫なのか。


基本的に副作用は無いが・・・。

 

安全性で選ぶ田七人参サプリランキング お茶で田七人参を摂取


無農薬栽培の田七人参は、やっぱり安心。安心安全な商品を紹介。


お茶タイプはお手軽に摂取できて、非常にオススメです。

page top