田七人参のフラボノイドの効果

田七人参のフラボノイドの効果

田七人参のフラボノイドの効果

 

フラボノイドの効果

フラボノイドは、ポリフェノールの一種です。大きなカテゴリーとしてポリフェノールがあり、その中のカテゴリーとしてフラボノイドが存在する。

 

みなさんよくご存じの、大豆イソフラボンやブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、緑茶のカテキンなども、実はフラボノイドの一種なのです。

 

ポリフェノールと言えば、強い抗酸化作用で有名ですよね?あれ?抗酸化物質って確か、田七人参には「サポニン」も含まれていたのでは??

 

はい。その通りです。田七人参には複数の抗酸化物質が豊富に含まれているのですね。

 

フラボノイドは強い抗酸化作用を持ち、美容・美肌効果や、様々な生活習慣病対策として有用な成分なのです。

 

美容関連の商品、特にエイジング対策商品には、フラボノイドが必須で配合されていると言ってもよいぐらい、いずれかのフラボノイド成分が含まれていることが多いです。(ちなみに、フラボノイドは12種類のグループに区分され、合わせて3000〜4000種類以上あると考えられています)

 

 

カテキン類:緑茶など:生活習慣病対策に
イソフラボン類:大豆など:女性ホルモンにアプローチ
フラボノール類:たまねぎ、ブロッコリーなど:血液のサラサラに

 

それぞれのグループで、違いこそあれ、共通しているのは、強い抗酸化作用。あらゆる病気の根源となる「活性酸素の除去」に一役買ってくれる成分なのです。抗酸化作用以外のフラボノイドの効果をここでは紹介したいと思います。

 

免疫力をサポート

免疫力を高めることで、風邪予防になったり、がん細胞の抑制に効果が期待されます。

 

アンチエイジング

お肌のアンチエイジング対策だけでなく、目や記憶力、認知症の改善にも有用な効果があります。

 

血液サラサラ効果

動脈硬化の予防に効果を発揮します。

 

 

フラボノイドを豊富に含む食材とは?

イソフラボン...大豆、きなこ

ケルセチン...たまねぎ、りんご、エシャロット
カテキン...緑茶、抹茶、小豆、ココア
アントシアニン...赤ワイン、ブルーベリー、黒豆
セサミン...ごま
テアフラビン...紅茶
ヘスペリジン...柚子、温州ミカン、レモン
ルテオリン...ピーマン、春菊、セロリ
ナリンギン...グレープフルーツ、はっさく
タンニン...れんこん、お茶

 

出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/flavonoid.html

 

フラボノイドの過剰摂取で副作用はある?

現在調査中

 

 

参考文献

http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/020621.php

 

【合わせて読みたい】

【結論だけ】忙しい人向けの田七人参サプリの選び方

タイプ別にオススメを結論だけ!忙しい人向けコンテンツ。

 

サポニンの効果とは? 田七人参vs高麗人参


田七人参に含まれる有用成分の代表。サポニンに期待される効果とは?


高麗人参よりも田七人参の方が優れている?使い分け方法も!

 

血糖値対策 田七人参で更年期対策


血糖値対策には田七人参は非常に有用!


辛い時期のお供に田七人参を始めるのは合理的。

 

田七人参の安全性 田七人参の副作用


中国産の田七人参。果たしてその安全性は大丈夫なのか。


基本的に副作用は無いが・・・。

 

安全性で選ぶ田七人参サプリランキング お茶で田七人参を摂取


無農薬栽培の田七人参は、やっぱり安心。安心安全な商品を紹介。


お茶タイプはお手軽に摂取できて、非常にオススメです。

page top